catch-img

起業の商品作りで、自分の「強み」を活かした商品の落とし穴?

起業時の最初にぶつかる商品作りのヒント!


起業時に一番最初にぶつかるのは、何を商品にしていくのか?の商品作りです。

そんな時に自分の強みや自分の才能から商品ができることを知っていますか?


目次[非表示]

  1. 1.起業時の最初にぶつかる商品作りのヒント!
  2. 2.「強み」や「才能」をどう生かすのか?
  3. 3.アイディアを形に変える時に忘れがちのこと
  4. 4.いい商品を作ってもお客様は集まってこない
  5. 5.売れる商品とは?
  6. 6.まとめ



クライアントさまとお話をしているときに

ご自身でご自身の才能に気が付いていないことが多いと感じることがあります。




この人、こういう才能があるのになぁ・・・

とか、
 
 
この人はこの才能を生かしきれていないなぁ・・・

とか、
 
 
 
ご本人に、これってあなたの強みですね・・・
とお話をすると



「え、そんなのって誰でもできる事ではないのですか?」


とご自身では普通のことで気付いていないわけです。
 結構、こういう事って多いのです。




なぜ、ご自身で気づかないのでしょう?

なぜ、ご本人は気づかないのでしょうか?
 


 
ご本人は当たり前のことだから気付いていない、
しかし、それが強みだったりするのです。
 コーチ等の信頼できる人から 言われて初めて気付くなんてことがあるわけです。



「強み」や「才能」をどう生かすのか?


 
「 この才能をお仕事に生かされるといいですよ。」とアドバイスをする時も あります。
 
 
 
そうすると、それが「強み」でもあり「才能」でもあり「得意」なことでもあるので、思わぬ起業の相乗効果になっていったりします。




他から見たら「すごい才能」 なんだけれども、ご自分では「出来て当たり前」 だから気付いて

いないという残念なことって 結構あるわけです。


そして、

才能・得意を仕事に生かす戦略は・・・



お金に変えても返ってくる戦略を組むことです。

お金に変わらないと長続きしなかったりもします。




人から言われて気付いた才能をどう仕事に生かしてお金に変えていくか?
ここがポイントです!
実務で行動して走ってみるとそこからまた違う才能が生まれたりします。





アイディアを形に変える時に忘れがちのこと


あなたが今まで気づいてもいなかった強みを、商品やサービスという形に変えて求めているお客様に提供をする。

今まではご自身の強みさえ気づいていなかったわけです。




まさか、商品やサービスにしてお客様に提供をするなんて、ご自身が一番、疑問を感じてしまうかもしれません。

しかし、あなたが悩んでいて乗り越えたことは、同様のお客様がいるということでもあります。




その時の注意点は、アイディアを形にして前に進む時に世の中には同じように考える人もいるわけです。

そこで、いいところまで進んだ後に、浸透したネーミングなどを変更しないといけなくなるので

他の人に真似をされない、差別化のためにも、先ずは特許の申請や商標登録をしておくと安心です。




いい商品を作ってもお客様は集まってこない


大切なことは、自分の独りよがりの商品やサービスになってしまっていないか?という視点を持つことも重要です。

お客様に販売をしてビジネスにしていくためには、お客様目線が必要です。

お客様を集めるために、「先ずはいい商品を作れば自然にお客様が集まってくれる?」と思われていることはないでしょうか?





といいますのは、お客様のご相談で商品の設計について、悩んでいらっしゃる方がとても多いのです。

お客様が集まらないのは、いい商品が作れていないからなんだ、と悩まれています。




しかし、よくよく考えてみてください。
いい商品で、これぞ渾身の出来と言わんばかりに、商品を作ったとしても、お客様には届きません。
あなた自身を知ってもらわないと届きません。




そして、お客様が商品を買ってくださる時は、喉から手が出るほどの「これこそが私のためにあった商品!」と心が動いた時に、初めて買っていただけます。

よくあるのが、商品作りに没頭するあまりに、その商品が売り手のあなた自身の独りよがりの商品だったりする事があります。




売れる商品とは?


売れる商品とはどのような商品なのか?

とは・・・

あなたが価値があると思うものではなく、お客様が価値があると思うものであるということです。





そのためには、お客様の悩みや欲望などをいろんな角度からヒヤリングするのが一番早いです。




そして、商品を作ることに全力をかけますが、実は商品をお客様に広めることが、商品作り以上に大切なことを見落としている起業家の方も多いのを忘れてはいけません。

とても素晴らしい商品であっても、買っていただけるお客様がいることが大前提ですよね。



商品作りに最も重要なことは、お客様から何が求められているのか?の視点を持たないと商売にはならない。ということが結論になります。



まとめ

・起業時の一番最初にぶつかるのは、商品作りですが、自分の強みや才能が商品

 になる場合がある。

・才能・得意を仕事に生かす戦略は、お金に変えても返ってくる戦略を組むこと。

・オリジナルアイディアは商標登録をしておく。

・いい商品が売れるとは限らず、お客様から何が求められているのかの視点を持つことが重要。




 

グレースかおり

グレースかおり

一般社団法人JSIセカンドライフ・イノベーション協会代表理事及びJSIセールス・イノベーション研究所代表。 ケーブルテレビ業界シェアNO.1のJ:COMでは、全国トップセールスとなり、部長に抜擢される。 営業第一線で活躍は勿論のこと、営業育成歴20年、どん底営業マンをトップセールスへと育成してきた多数の実績から、会社内では「営業マンの再生工場」と呼ばれる。 組織のマネージメントとして強い組織づくりも対応、定年退職と共に一般社団法人JSIセカンドライフ・イノベーション協会を設立し独立。代表理事に就任。 その後、お客様のご要望より、JSIセールス・イノベーション研究所を設立して代表を兼務。 独自メソッドの「エレガントセールス術」を開発し、質問力の力で顧客の商品・サービス成約率倍増を推進。 巷に溢れる強引なセールス術ではなく、営業が苦手な人でも、踊るようにワクワクと商品やサービスが売れる「エレガントセールス術」は特に40代以上の女性起業家に好評を得ている。

無料メール講座

今だけ期間限定で無料動画講座を配信中。