catch-img

「集客できたら売上も上がる!」考えは大間違い?

「集客できたら売上も上がる!」考えは大間違い?


起業をしていて何が悩みかと言えば、最初につまづくところが、入り口部分の「集客」部分ではないでしょうか?

集客=売上(集客イコール売上)と考える人が多くて、集客さえできたら売上があがるのに~~!と嘆いている起業家さんがなんと多いことか・・・



という事で、この集客ができないばかりに、売上があがらず、起業がうまくいかないと考える起業初心者さんがとても多いのです。

本当に集客さえうまくいけば、売上は上がるのでしょうか?

300名集客をしても売上が1名という起業家と、2名集客をして売上が2名という起業家、あなたはどちらになりたいのでしょうか?



あなたはずっと「集客」に縛られた起業人生を送りますか?或は、集客ではない事業の柱となる「売上」ベースの考え方の起業人生を送りますか?



今回はこの集客と売上の勘違いをしている考え方から、どのように改善をして起業を軌道に乗せていくのか?というお話をしてまいります。





目次[非表示]

  1. 1.「集客できたら売上も上がる!」考えは大間違い?
  2. 2.なぜ、多くの人を集めても売上につながらないのか?
  3. 3.見込みの強いお客さんを集めるにはどうしたらいいのか?
  4. 4.起業家としてファンを集めないことには前に進まない?
  5. 5.信頼貯金て何のこと?
  6. 6.信頼してもらうためのメディアとは?
  7. 7.起業で「信頼貯金」が減ってしまう時とは?
  8. 8.まとめ




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇





このブログでは、起業を絶対に成功させたいお客さまに笑顔をお届けしたい

考えている女性起業家さんが「お客さまに選ばれる集客」ができるようになり、

「成功する起業家になる」ノウハウをお届けしております♪


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇






なぜ、多くの人を集めても売上につながらないのか?




起業の入り口部分の集客で悩んでいる起業家の方も多いと思いますが、なぜ、その難しい集客をしてお客さんを集めたとしても売上に繋がらないと思いますか?



ズバリ、「見込み客」を集めないことには売上にはなりません。



どういうこと?



と思われているかもしれませんので、詳しくお話をしますね。売上を上げるためには、あなたの商品やサービスの対象顧客でありあなたの商品をいいと思ってくれているお客さんを集めないことには、素通りされてしまいますよね。



冒頭部分の300名集客をしても売上が1名という起業家と、2名集客をして売上が2名という起業家、あなたはどちらになりたいのでしょうか?という質問は少しオーバーにお伝えしましたが、もう少し補足説明をするならば、



300名集客をして売上が1名という事は、見込みのお客さんではなくて、とても薄い状態のお客さんばかりを集めていることになります。



また、2名集客をして2名とも売上につながっているのであれば、見込み度がとても高い対象のお客さんを集めたことになります。あなたとの関係性が構築できており、あなたのことを信頼しているという事にもなります。



事業としてはどちらがいいのでしょうか? もちろん、売上を2名あげた方に軍配が上がりますね。しかし、現実問題として「集客」一点に視点が行ってしまい、その先を見ていない起業初心者の方があまりにも多いのです。



ということで、冒頭の部分は、見込みのお客さんをたくさん集客して、売上を上げるという事が事業をする上で一番大切な事になります。






見込みの強いお客さんを集めるにはどうしたらいいのか?





では起業初心者の人が見込みの強いお客さんを集めるにはどうしたらいいのでしょうか?

おススメは、現代はSNSがとても発達しており、しかも無料というコミュニケーションツールが使えるわけです。これを使わない手はありません。



逆に言えば、SNSが使えない起業家は時代に乗り遅れているという事でもあります。機会損失をしていることにも繋がっています。取り残されているという事になります。

​​​​​​​


ご自身が変化ができないばかりに、見込みのお客さんが目の前にいるにも関わらず、スタート地点にもついていない起業家さんも多くいます。



SNSの中でも新規顧客を効率よく獲得できているSNSは何か?と言えば、



ユーザー数の伸び率とアクティブユーザーが多い、「Intagram」と「Twitter」が向いていると言えます。Facebookはユーザー数が減少傾向で、アクティブユーザー数も減少傾向なので、新規顧客を獲得というよりは、名刺代わりとか安心という感じで活用されている人が多い状態です。



各々のSNSの使い方を独学でやるにはあまりにも時間と労力がかかり過ぎますので、正しいやり方を学んで努力継続をされることをおススメします。



ではどんな風に活用をしていったいいのか?を次にご説明をしますね。






起業家としてファンを集めないことには前に進まない?





収益を上げるためにいろんなプロモーションをしたり、キャンペーンをやれば、直ぐに収益化ができると簡単に考える人がいますが、それは大間違いなのです。



その前にやることがあります!

「ファンを集めること」をしないことには、プロモーションもキャンペーンも成功しません。



要するに、あなたのファンがいないことには始まりません。また、このファン化は芸能人や有名人でない限り、起業をしたばかりの無名時代にはとても時間がかかるのです。例えば、ご自身でSNSなどを駆使して、投稿を頑張り、1ケ月経過したとします。「あれっ!全然反応がない、どういう事なんだろう?」と疑問を持つかもしれません。



ご自身が考える短期間の時間経過と、世の中の人が評価をしてくれる時間経過は違うのです。時間がとてもゆっくり流れているということです。でもここが大事な事なのです。あなたの日単位での努力継続の頑張りに対して世間が評価をしてくれないと、「自棄(やけ)」になりここで辞めてしまうのか、或は自分を信じて継続をしていけるのかで、将来的にファン化ができるか、ココで終了かに分かれてしまいます。



それには「信頼貯金」を増やして、高めていくことで集客が加速していきます。

起業をして最初につまづく「集客」部分ですが、ココを乗り切るためにはに「信頼貯金」を増やしていくことが遠回りなようですが、実は近道なのです。






信頼貯金て何のこと?







「信頼貯金」て何のことか?と思われますよね。人間関係とかいろんな意味合いがあるとは思いますが、起業における「信頼貯金」て、銀行口座にお金を貯めていくように「信頼」も貯金のようにコツコツと貯めていくことを言います。



直ぐに貯金て貯まらないのと同様に、「信頼」も0からコツコツと貯めていく必要があります。

しかし、特徴があって「信頼」を無くす行動をすれば、一瞬で波が引いたようになくなってしまいます。



この貯金は誰が貯めるのか?といえば、誰も助けてくれません。自分で貯めていくしかないのです。時には宝くじが当たったみたいに、友達からの紹介や、仲間の援助があるかもしれませんが、毎回毎回というわけにもいきません。



全て自分で信頼貯金を貯めていく努力をしないとことには、その後にある収益化のためのプロモーションにしても、キャンペーンにしてもうまくいかないのです。要するに誰かがやってくれると待っていても自分で前に進んでいく実力がないと、貯金は増えないのです。






信頼してもらうためのメディアとは?





信頼してもらうためのWEB上のメディアと言えば、SNSが早道ですよね。SNSの中でも一つだけ、というよりはいろんなメディアに広く投稿をしていくことにより、タッチポイントが増えて広がりが出てきますよね。



メディアによりお客さんの層も違うので、広げていくことが大切です。



ではSNSだけでいいのか?と言えば、あなたはSNSを見てから次の行動ってどうされますか?

SNSでまず知って→ホームページやブログなどの検索をされないでしょうか?

どんな考え方の人だろう?どんな商品やサービスを展開しているんだろう?



また怪しい人ではないか?なども吟味するのではないでしょうか?その時にしっかりとしたものがあれば安心しないでしょうか?



という事はいろんなタッチポイントで、あなたのビジネスの武器で戦うという事です。要するに、SNSはビジネスのコンテンツとは程遠い、自分の日記ばかり、ブログは書いていない、ホームページはない、とするととても信頼ができないのではないでしょうか?



もしもSNSなどであなたのビジネスで有益な情報提供をしてあり、お客さまに先ずは知っていただき、次にホームページやブログなどを見に来られた時に、しっかりとした商品サービスがあり、この人は自分の為の起業家さんだと理解をしていただくことが大切考えます。



お客様の心理を理解して、どういう行動をするのかに応じてWEB上に公開をしているコンテンツも継続をして情報提供をしていくことがポイントになります。






起業で「信頼貯金」が減ってしまう時とは?





起業における「信頼貯金」てどんなものがあるでしょうか?

今はSNSが人気ですし、使いやすいと思います。その他積み上げ式の「ブログ」や「Youtube」などもありますね。



今回は、飛ぶ鳥を落とす勢いのインスタグラムを例にとってみましょう。

投稿は気分で、出したり出さなかったりという「気まぐれ投稿」

しかも中身は、まるで日記

今日何を食べたとか~



お客様はそれを見て、あなたのビジネスに関係のある人たちは、来ますかね?



明日も楽しみと、待ってくれている見込みのお客様はいますかね?



こんな風に事例を見て、客観的にご自身の投稿内容も分析をしてみましょう!

その時に大切な事が

「もしも私がお客さまだったら?」という視点で考えてみてください。



っという事で、信頼貯金をぐっと高めること集客が加速する!

そして、お客さまに有益な情報提供をしていきながらも、お客さまとの関係性を構築していくのが起業の入り口部分の売上を上げるための結論になります。



「集客」「集客」とうわべだけを作っていても、お客さまは見抜きます。

原理原則に基づいた、プロの仕事をしていきましょうね。






まとめ




起業初心者が一番最初につまづくところが、入り口部分の「集客」部分→しかし~

集客=売上(集客イコール売上)と考える人が多くて、集客さえできたら売上があがるのに~~!と考えるけれども、それは大きな間違い!



集客イコール売上ではないという認識を持つことが大切!



あなたのビジネスの見込みのお客さまを増やさないことには「売上」には程遠い状態。ならば何をしたらいいのか?と言えば、



信頼貯金をぐっと高めること集客が加速する!

お客さまにあなたのビジネスの有益な情報提供を常にしていきながらも、お客さまとの関係性を構築していくのが起業の入り口部分の売上を上げるための結論になります。



地味で地道な活動かもしれません。しかし積み上げ作業は続く人がとても少ないので、逆に信頼を得ることができます。結果は直ぐには出ないことを理解して、忍耐強さを養うことも時には必要です。魔法が使えるわけではありません。成功は一晩ではやってきません。





グレースかおり

グレースかおり

一般社団法人JSIセカンドライフ・イノベーション協会代表理事及びJSIセールス・イノベーション研究所代表。 ケーブルテレビ業界シェアNO.1のJ:COMでは、全国トップセールスとなり、部長に抜擢される。 営業第一線で活躍は勿論のこと、営業育成歴20年、どん底営業マンをトップセールスへと育成してきた多数の実績から、会社内では「営業マンの再生工場」と呼ばれる。 組織のマネージメントとして強い組織づくりも対応、定年退職と共に一般社団法人JSIセカンドライフ・イノベーション協会を設立し独立。代表理事に就任。 その後、お客様のご要望より、JSIセールス・イノベーション研究所を設立して代表を兼務。 独自メソッドの「エレガントセールス術」を開発し、質問力の力で顧客の商品・サービス成約率倍増を推進。 巷に溢れる強引なセールス術ではなく、営業が苦手な人でも、踊るようにワクワクと商品やサービスが売れる「エレガントセールス術」は特に40代以上の女性起業家に好評を得ている。

無料メール講座

今だけ期間限定で無料動画講座を配信中。