インスタグラムで反応の取れる投稿を
簡単に作成する勉強会

9/24(木)13:00〜15:00

9/26(土)13:00~15:00
開催方法:ZOOMにて 参加費用:3,500円

Instagramで反応の取れる投稿方法を知りたい方!

★今人気のインスタグラムを始めたけれど、「いいね」の反応がイマイチ、

 反応が取れる投稿を勉強をしたいと思っている方

 

★フォロワーを集めたいと、毎日投稿をがんばっているけれど、

 ネタに尽きてしまった、続けられるかしらと思っている方

 

★そもそも、投稿にコツやポイントがあれば知りたいと思っている方

明日から簡単に反応の取れる投稿方法を一挙公開♪

今やインスタグラムはSNSの中でも飛ぶ鳥を落とす勢い!!

 

それもそのはず・・・現在のユーザー数は、フェイスブックより6年も後に創業したにも関わらず、Facebookを追い抜いて3300万人!  今、使えないのはビジネス的にもかなり勿体ない!!

 

今までインスタは年齢層が若い人のイメージ⇒2016年頃は10~30代60%だった。

それが、2018年以降特に50代以降の年齢層が増え、80代もいるSNSに変化してきた。

 

一昔前なら、インスタ映えとか言って画像文化だったけれども、最近は全然違い、かなり投稿文章にも心が動くものが多くなってきたように感じる。

このインスタを頑張りたいと思っているけれども、どうも「いいね」の数が伸びなくて、フォロワーも伸びない。

毎日、同じような投稿になっているし、どうしたら、反応の取れる投稿ができるのかが知りたい。

 

今回は、そんなあなたにピッタリの勉強会をします!!

やり方がわからないと、時間と労力の無駄遣いになってしまいます。

 

短期間で反応の取れる投稿方法のポイントとコツを120分間で、一挙公開します♪

♪よくあるご質問もご紹介します♪

♪参加者さまの声♪

★こんなに短時間で、反応の取れる投稿方法がわかり、簡単にできそうなので明日から早速やってみたいと思います♪

★毎日、楽しんで投稿できそうです♪

★コツとポイントを自分で勉強するには、限界がありますね。やはり知っている人に聴くのが早いですね♪

♪勉強会の概要♪

日時    2020年9月24日(木) 13:00〜15:00 (ZOOMは 12:50~入れます♪)
      2020年9月26日(土) 13:00〜15:00 (ZOOMは 12:50~入れます♪)

      ※平日と週末のお好きな日程をお選びください。 内容は同じになります。
      ※勉強会終了後、個別相談も受け付けております。

開催内容  ■第一部
      なぜ、今インスタグラムがいいのか?

      ■第二部
      簡単で反応の取れる投稿方法とは?

開催方法  ZOOMにて勉強会を開催します♪
      (参加者様には、URLをお伝えします)

人数限定  先着順となりますので、お早めにお申し込みをお願いします♪

参加費   3,500円

お問合わせ JSIセールス・イノベーション研究所 
      TEL:03-6869-4631 Email :info@jsi-life.com

     住所→102-0074 東京都千代田区九段南1-5-6 りそな九段ビル5F KSフロア
        (一般社団法人 JSIセカンドライフ・イノベーション協会内)

注意事項  同業他社のご参加はご遠慮いただいております。

講師:グレースかおり
(JSIセールスイノベーション研究所 代表)

JSIセールス・イノベーション研究所代表
野村證券、富士通関連コンピュータの会社に勤務。
その後、J:COMに転職し、全国7局中、トップセールスとなる。



その後組織を任され、MVP受賞、スーパーバイザー・マネージャーを経て、部長に抜擢。部長職の傍ら、どん底営業の育成、

新人営業の育成にも従事する。



2016年、一般社団法人JSI セカンドライフ・イノベーション協会を設立し、会社との両輪で副業開始。
その後、お客様からのご支持、及び3万人の顧客対応と20年間の育成実績経験を活かし、JSI セールス・イノベーション研究所を設立する。



現在は独立をして40代以上の経営者、起業家の皆さま、コーチ、コンサルの皆さまを中心に「売るスキル」を持った営業、
商標登録済みの日本初、独自メソッド「エレガントセールス」術、「エレガントマーケティング」を通して、売上アップを
トータル的にサポート、プロデュースをする教育支援の会社を経営中。

 

インスタグラムのフォロワー数は現在11,500人。

しかし、当初はやり方が不明で、努力のわりに時間と労力ばかりがかかり、フォロワー数もさっぱり、日々だけが経過。

ある時よりコツとポイントがわかり、飛躍的に伸びて、65万人のカテゴリーなどでもトップ投稿になることもしばしばあり。

インスタグラムより、企業案件や顧客からの問い合わせなどの状態をキープ中。